一般社団法人OKスポーツ振興会|スポーツの振興|サークル|児童、障害者、高齢者の福祉事業|東京都八王子市

 

グット・プレーヤーになるために

 

「オン・ザ・ピッチ」と「オフ・ザ・ピッチ」

「オン・ザ・ピッチ」と「オフ・ザ・ピッチ」
 
良いサッカー選手とは…
オンザピッチ・オフザピッチ ( 100KB )
技術レベルの同じ『自分』が2人いるとして…
 
1人は…あいさつができない、荷物整理ができない、時間を守らない、忘れ物が多い、物を大切しない、お友達のことを考えないで行動する、自分のことが自分でできない…
 
もう1人は…あいさつがしっかりできる、荷物整理がきちんとできる、時間を守る、忘れ物をしない、物を大切にできる、お友達のことも考えて行動できる、自分のことは自分でできる…
 
はたして…どっちの『自分』が日本代表に選ばれるだろうか
 
良いサッカー選手とは、サッカーが上手なだけではいけないオフ・ザ・ピッチ(生活習慣)も大切なんだ
 
 
 

用具の手入れをわすれずに!

用具の手入れをわすれずに!
 
ボールやシューズを大切にすることは、体をいたわるのと同じくらい大切なことなんだ手入れをすることによって、ボールは長持ちするし、シューズは足になじんでもっといいプレーができるようになるよ
練習や試合のあとは、バックやシューズケースに入れっぱなしにしないで、きちんと手入れしようね
 
『もの』を大切にできない選手は、サッカー選手ではないぞ
 
 
ボールの手入れ
1、よごれたところがあったら、ぬらした布でさっとふいて、風通しのよい『日かげ』でかわかしておこう
 
2、雨でぬれたあとは、革がいたみやすいので、かわいた布でしっかりと水分をふき取って、『日かげ』でかわかしておくようにでも、ドライヤーなどつかったり、『日なた』でむりにかわかすと、ボールの形がかわってしまうことがあるから注意しようね
 
 
シューズの手入れ
1、表面についたよごれを、やわらかい布でさっとふいて落とす。このとき、シューズ用のクリーナーをつかえばさらによくよごれが落ちるよ。シューズのうらや、ぬいめにつまったよごれは、つかわなくなった歯ブラシで、かるくこすって落とそうでも、ドライヤーなどつかったり、『日なた』でむりにかわかすと、シューズの形がかわってしまうことがあるから注意しようね
 
2、くつみがきででいねいにムラなくぬって、かわいた布でふき取ってツヤを出す。革がやわらかくなって、足によくなじむぞ
 
3、布や新聞紙をシューズの中につめてかたちをととのえ、風通しのよい『日かげ』でかわかしておけばOK
 
練習や試合のときは『スパイク』はかならずはきかえるようにしようね
 
ユニフォームの手入れ
1、練習や試合のあとのユニフォームは、あせやドロでよごれているので、帰ったらすぐにせんたくをしよう
 
2、あせをかいたり、雨でぬれたユニフォームは、そのままにしておくと、色が落ちてしまうことがあるので、白い服といっしょにせんたくしないように
 
3、せんたくきに入れる前に、うら返しにしておいてネットに入れておくと、背番号のプリントが長持ちするよかんそうきはできるだけつかわないように
 
4、ほしたあとは、しっかりたたんで、大切にしまっておこう
 

からだのセルフケア

からだのセルフケア
 
一流の選手は、すばらしいプレーをするために、いつもコンディションをベストにたもつことを心がけているんだ調子が悪ければ、全力でプレーすることができないし、ひどいときにはケガをすることもある。自分の体のことをよく知って、つねに『ベスト』のじょうたいでいられるように体をいたわろう
 
合言葉は「早寝」「早起き」「朝ごはん」…
 
試合の前に気をつけることは?
「明日は試合だ。ガンバルぞ!」
でも、試合の前日はいいコンディションをたもち、リラックスすることが大切なんだそうしないと、試合中にバテたり、つかれがたまってケガをしちゃうかもしれないからね。そして、試合の前日は、たくさんエネルギーを作ってくれる食べ物をとっておこう一番いいのは、『うどん』や『パスタ』といっためん類や、『パン』、『おにぎり』など。試合のはじまる3時間前までには、食べておくようにしよう
 
しっかりと食事をとろう
朝ごはんを食べないで、練習に行ったりしていないかな朝ごはんでエネルギーをほきゅうしないと、前日のつかれが残ってしまい、体の調子が悪くなったり、集中力がなくなったりとするんだできるだけきちんと、朝ごはんを食べるようにしよう朝はたくさん食べられない!という人は、まずは飲み物『牛乳や100%のオレンジジュース』や果物だけでもいいなれてきたら、パンやたまご、野菜なども食べるようにしようきちんと食事をとることは、サッカー選手にとって大切なこと一流選手の強い体、高い集中力、そしてばつぐんのスタミナは、じつはふだんの食事から生まれるものなんだサッカー選手の食事には、プレーに必要な5つの栄養素が必ずふくまれている。
 
‘’食事のとり方”
『主 食』……頭とからだのエネルギー
       ご飯、パン、めん類、パスタなど
おかず』……筋肉や血液をつくる材料   
       肉、魚、卵、ハム、とうふ
『野 菜』……体調を整える、ひろう回復、ケガやバテをふせぐ
『果 物』……ひろう回復、じん帯やケンを強くする
『牛 乳』……筋肉や骨をつくる材料
       ヨーグルト、チーズなど
 
トッププレーヤーは、これらを毎日バランスよくとることで、タックルにも負けない強い体をつくっている。朝ごはんをぬくとか、好ききらいをせず、体に必要な5つの栄養素をバランスよくとろう
 
いいプレーをイメージしてみよう
ねらったところにパスが出せなかったり、うまくシュートができないときは、ちょっと休けいして、心のトレーニングをしてみようまずは体をリラックスさせ、頭の中でイメージするシュート練習をしているなら、今までで一番いいシュートをイメージしようそれをわすれないように練習すれば、次はぜったいにうまくいくイメージトレーニングは、とても大切なんだ。
 
身につけるものはいつもきれいに
ユニフォームやシューズは、いつもきれいにしておくことそれらがきたないと、バイキンがすみについて病気になってしまうこともあるんだだから、身につけるものは、いつもじぶんでせいけつにしておこうね
 
水分をしっかりととろう
Jリーグや日本代表の試合中に、選手が水を飲んでいるシーンをよく見かけるね。はげしく体を動かすと、水分がたくさんの汗となって体からどんどん失なわれてしまい、スタミナが切れてしまうんだあついときや、「のどがかわいたな」と感じたときには、試合や練習の前に、コップ1,2杯くらいの水やスポーツドリンクを飲んでおこう試合や練習中にも、30分おきに同じくの量を飲むようにすること。体から水分が失われるとスタミナがなくなり、バテてしまう。汗をかいて体重が2%以上へると要注意だ飲む水の温度は、かわいた体にすばやく水分を吸収させるために、0℃から5℃がちょうどいい。ただし、冷たい水をいっぺんにたくさん飲んでしまうと、おなかをこわすので注意しよう
 ◆お問い合わせ◆
〒192-0073
東京都八王子市寺町21-7
TEL.042-622-5318
FAX.042-622-5319
<<一般社団法人OKスポーツ振興会>> 〒192-0073 東京都八王子市寺町21-7 TEL:042-622-5318 FAX:042-622-5319